ビッグローブモバイル(タイプA)契約してみた。

外出先でYouTubeを見ることを前提にWiMAXと悩んでいたのですが、WiMAXと比べると、料金が安いことと縛りの期間が短いことでビッグローブモバイルSIMタイプA(au回線)+エンタフリーで契約しました。
エンタメフリーを付ける場合、最低で3GBプランの選択が必要です。
タイプA(au回線)のデータSIMプランだとSMSが強制的に付きます。UQモバイルもSMSは付くのでau系のSIMカードだと付いてしまうものだと思います。

ちなみに、ビッグローブモバイルには、UQモバイルやOCNモバイルONEなどにある、通信量の減らない低速モードへの切替サービスは現在のところはありませんし、オプションでエンタメフリーもあるので今後、登場する可能性も低いと思います。

ビッグローブモバイルSIM
2017年12月時点での料金の支払いはクレジットカードのみとなっています。

ビッグローブモバイルの月額料金表(税抜価格)

高速データ通信
月間容量
音声通話SIM
データ通信SIM
(タイプDのみ)
SMS付
データ通信SIM
1GB
1,400円
プラン設定なし プラン設定なし
3GB
1,600円
900円
1,020円
6GB
2,150円
1,450円
1,570円
12GB
3,400円
2,700円
2,820円
20GB
5,200円
4,500円
4,620円
30GB
7,450円
6,750円
6,870円
最低利用期間
12ヶ月
なし
なし
  • 音声通話SIMのみ1GBプランの設定があります。
  • 音声通話SIMは最低利用期間は12ヶ月となっています。
  • データ通信SIM、SMS付データ通信SIMは最低利用期間はなし。

オプションのエンタメフリーは音声通話SIMとデータ通信SIMとでは料金が異なります。
エンタメフリーを付けての最低月額は(税別)

高速データ
月間容量
音声通話SIM
データ通信SIM
(タイプDのみ)
SMS付
データ通信SIM
最低利用期間
12ヶ月
なし
なし
3GB
1,600円
900円
1,020円
エンタメフリー
480円
980円
980円
合計料金
2,080円
1,880円
2,000円


ちなみにUQで契約した場合のWiMAXのギガ放題の月額は4380円(税別)になります。

契約はビッグローブモバイルのホームページから、プランを選んでその後、名前、住所、クレジットカード情報など入力し、申し込みしました。簡単でした。
音声通話SIMの場合は本人確認書類データ(免許証やパスポートなど)を写真に撮ってWEBで送る必要があります。
私は本人確認書類データを昼の12:30くらい送ったあと連絡がなかったので、微妙に焦りましたが、データを送った20時間後にメールで本人確認完了のメールが届きました。

1日目 12:30 申し込み
2日目 10:40 本人確認書類確認完了のメール
     18:40 SIMカード発送メール
3日目 17:00 SIMカード到着
5日目 時間は不明ですが契約内容書類とビッグローブ会員証が郵送で届いていました。(会員証と言っても紙に書いてあるものでした)

商品の到着は申込みから3日〜4日となってます。私の場合はSIMカードのみの契約の為か早めについたと思います。

f:id:umizouchallenge:20171207085126j:plain
ゆうパックで届きました。時期により中身は変わるとおもいますが、送られてきたもの全てです。なんだかわからないですが、物が多いとすこし嬉しいです。

f:id:umizouchallenge:20171208010706j:plain
6点ありますが、この中で重要なのは、当然ですが、SIMカードとサポートガイドです。
SIMカードはマルチSIMカードになります。手で使用する端末のサイズに切り取ります。手袋着用になっていますが、私は素手で抜きました。
私、今まで3社(ワイヤレスゲート・UQ・OCN)の格安SIMMVNO)を契約しました。ワイヤレスゲート・UQ・OCNの現在の状況はわかりませんが、APNが書いてある用紙は入ってますが、設定等の小冊子が付いてきたのは初めてです。
小冊子には、APN設定やGoogleアカウント・Apple IDの設定方法やビッグローブモバイルアプリの使い方などが、写真付きで、たいへんわかりやすく説明されています。




ビッグローブのホームページにある動作確認端末にHuawei メディアパッド T2 8 Pro シムフリー版 はありませんが、SIMカードを挿してデータ通信は使うことが出来ました。
ビッグローブSIMタイプAは3G回線を使用出来ません。メディアパッド T2 8 Pro自体au系の音声通話(3G・VoLTE)は使用出来ませんので、音声通話とSMSは使う事が出来ませんでした。
テザリング機能(Wi-Fiホットスポット)は使用することが出来ました。


通信速度はこんな感じです。利用者が増えたり、地域により変化すると思いますので参考までに。
f:id:umizouchallenge:20171208014939j:plain

エンタメフリーでのYouTubeは、現在は画質360pで遅延なく再生されています。こちらも、利用者が増えたり、地域により変化すると思います。480pで見ることが出来るときがありますが、720pは止まりまくりで、まともには見ることができません。今のところは、アプリを起動させてすぐは240pが選択されますが、手動で360pに画質を上げて再生しても240pまで画質が落ちるということはありませんでした。
〔2018.02.14 追記〕 お昼や夕方にYouTubeを360pで見ていると結構な頻度で動画の読み込みで止まります。

WiMAXと比べると通信速度とYouTubeの画質は劣ると思いますが、何より月額が安いので、そのことを考えると今のところは満足出来るレベルです。
〔2018.02.14 追記〕 2月に入ってから私の利用環境ですと、混雑時(お昼・夕方)は、通信速度も遅くなりYouTubeも360pでの再生が厳しいです。通信量が減らないのはいいことなのですが、360p再生でスムーズに見れないのはすこし残念です。

umizouchallenge.hatenablog.jp

はじめは、利用期間の縛りのないデータSIMで契約しようと思ったのですが、キャッシュバックキャンペーンにつられて音声通話SIMで契約しました。今後、通信速度やYouTubeの画質に満足出来なくなっても、1年間経たないとキャッシュバックがもらえないのと音声通話SIMは最低利用期間が12ヶ月なので、1年間は使用しようと思います。

最後に小冊子に書いてありましたが、解約の際はタイプDはシムカード返却必要ですが、タイプAは返却不要となっています。




最後まで読んで頂きありがとうございました。